選ぶ方法について

贈り物

結婚式に参加してくれたゲストに感謝の気持ちとして贈る引き出物ですが、実際に選ぶとなれば何が適しているかで悩むのではないでしょうか。限られた予算内でゲストが喜ぶアイテムを選ぶのはそう簡単なことではなく、頭を悩ませるのは当然のことと言えます。引き出物の準備方法として大きく分けると、式場の提携ショップから選ぶか自分たちで用意して式場に持ち込むかという二種類があります。提携ショップから選ぶと手間がかからないというメリットがありますが、自らで用意して持ち込むとオリジナリティーが出せるというメリットがあるので、どちらが良いか考えて選ぶようにしておきましょう。どちらの場合でも予算内でゲストに喜んでもらえるアイテムを選べるかが、重要です。

相場について

引き出物を選ぶときにまず決めなくてはならないのが予算ですが、どの程度の金額かで悩んでしまうのではないでしょうか。一般的に一人当たりの引き出物にかける金額の基準とされているのが、披露宴でふるまう飲食費の三分の一とされています。引き出物だけではなく引き菓子のことも考えておく必要があるので、トータルで計算して予算オーバーにならないように気を付けましょう。高額な引き出物でもサイズがあまりに小さかったり軽いと、たいしたものをもらっていないという気持ちにゲストがなってしまう事もあるので注意するべきです。特に年配の人やしきたりにこだわる人がいる場合には、注意しておきましょう。

気をつけるポイント

引き出物はどんなものを選んでも良いというわけではなく、最低限あたまに置いておくべきマナーはあります。良かれと考えサイズの大きなものや重たいものを選んでしまうと、持ち帰りで困らせてしまうことになるので気を付けましょう。重たいものや嵩張るものを選んでしまったときには、会場から自宅に郵送をする手配をしておくなどの配慮が必要になってきます。引き出物は食器やタオルといった誰でも使いやすくいくつあっても困らないアイテムや、カタログギフトも適しています。カタログギフトなら受け取った相手が好きなものを選ぶことができるので、いらないものを受け取りありがた迷惑と言うことになりません。カタログギフトと一口に言ってもあらゆるカタログがあるので、シーンに合わせて最適なものを選ぶことが大切になります。内容も食料品が中心となっているカタログや雑貨屋のおしゃれな小物がメインのカタログなど、様々なのでゲストの年齢や家族構成に合わせて選ぶようにしましょう。

広告募集中